仏前式の流れ


結婚式の中で、仏前式もあります。
仏の前で結婚を誓うもので、寺などで行われます。
式を取り仕切るのは、僧侶です。
入場は仏前結婚式の場合は、入堂という表現をします。
入堂は、まずは親族などからで、仏前に向かって右側に新郎側、左側が新婦側の親族が並びます。
新郎新婦は、別々の入り口からの入堂で、中央で横に並びます。
そして、僧侶が入堂するのですが、この時の僧侶は司婚者と言います。
最初に行うのはお焼香で、一同は合掌から、司婚者が結婚式の報告をし、式の開始となります。
仏前の結婚式での特徴的なのは、念珠の存在です。
白いリボンがついた方を新郎に、赤いリボンがついた方を新婦に渡します。
これを必ず両手で受けて、左手の四指にかけます。
結婚式の間そのままです。
新郎新婦による結婚の誓いをして、司婚者が婚姻の成立を皆の前で朗読します。
その後はお焼香になりますが、新郎新婦は左手に念珠を下げて、新郎からお焼香をして、合掌礼拝になります。
神前式の三三九度と同じように、誓杯がありますが、仏前式の場合は1つの盃を新婦・新郎・新婦の順で行います。
その後、親族による固めの祝杯をあげることになります。
その後は、お祝いの説話が司婚者よりあり、退堂は新郎新婦を先頭にして、仏前結婚式は終了となります。
宗派か違うことで、多少の前後などがありますが、一般的な仏前結婚式は以上の流れで行われます。
基本的には、誰でも行える仏前結婚式ですが、結婚式場で仏前式のものを備えているのは少数というのが現状のようです。