人前式の流れ


結婚式の形で人前式も存在します。
宗教色を払拭したもので、参列した方々の前で結婚の誓いと証人になってもらうものです。
最近は、人前式を取る方も増加していますが、その流れをみてみましょう。
人前式の場合は、一応立会人を立てることになります。

 
その他に司会者が結婚式の司会を担当することになり、形としては、チャペル式のように前に立会人がいて、新郎新婦、その後ろに親族と列席者になります。
司会者により、人前式の結婚式を行うことと、その説明をします。
まだそれほど一般的ではないことと、列席者にも証人を承認してもらう趣旨を伝えます。
立会人になる方の紹介があり、この時には、新郎新婦との間柄を明確にすることが大切です。
基本的には誰でも良いのですが、新郎新婦の父親や親友、お世話になっている方などです。
この時点では、新郎新婦はまだいませんが、人前式の説明と立会人の紹介が終わった所で、新郎新婦が入場します。
すぐに、パートナー宣言を行います。

 
これがいわゆる誓いの言葉になるのですが、文面は自由。
本日から貴方の妻に、貴女の夫となることを声高らかに宣言をします。
そして、二人で参列した方々に対して結婚の誓いの言葉を読み上げ、拍手で持って、承認されることになります。
結婚証明書の署名と披露が行われ、改めて立会人による承認宣言があり、一応ここまでが、人前式の結婚式になります。
その後の演出でウェディングキスがあったりしますが、このあたりの演出はまったくの自由になります。
砕けた感じでも構いませんし、厳粛な音楽をかけてショーのように行うのも良いでしょう。
人前式の流れについては、これといった決まりはありません。