演出1ウエルカムスピーチ


ウェルカムスピーチとは、披露宴の最初に行うスピーチのことです。
私達の披露宴に来ていただいてありがとうございましたの感謝の意を表すものです。
媒酌人がいる場合は、媒酌人が行うウェルカムスピーチですが、最近は、媒酌人をたてないケースが多いですから、新郎が行うケースが多いです。
できれば、最高のウェルカムスピーチと行きたいところです。
人前で話す事が慣れている方にとっては、ある程度の原稿があれば、簡単にできることでしょう。
検索サイトなどで、さまざまな文例から、文は作ることはできます。
ところが、いくら慣れている方であっても、結婚式という場の前でガチガチに緊張してしまうと言われています。
しかし、この新郎の緊張感こそ、結婚式のウェルカムスピーチとしてはベストです。
おい、頑張れよ、という激励とともに、披露宴そのものが和むと言われています。
ですから、きちんとできなくてもいいんです。
とにかく今日はありがとうございます、これから僕達の結婚式を始めますとのあいつがあれば良いのです。
新郎の席からの眺めは、独得です。
皆さん、緊張感の中にも笑顔が見えます。
その方々に語りかけるように、感謝の意を告げましょう。
ウェルカムスピーチの内容は、お礼の言葉、挙式の報告、披露宴の趣旨を入れることにしましょう。
いきなり砕けるのではなく、ここは厳粛に言葉を選ぶと良いでしょう。
さまざまな文例から、自分なりのウェルカムスピーチを作ってみてください。