演出4ウエディングケーキカット


結婚式の定番のイベントと言えば、ウェディングケーキカットです。
二人で行う最初の共同作業ですが、高い高いウェディングケーキの一部だけが普通のケーキで、あとは作り物というのが一般的です。
最近では、列席者に合わせた大きさで、全員に振舞ったり、手づくりケーキでのウェディングケーキカットなどの演出もあります。
何れにしても、一応やっておこうかというのが、結婚式のイベントとなっています。
写真撮影においても、ポースの決めやすいカットでしょう。
たいていは、ケーキカットだけで終わりますが、お互い一口ずつ食べさせてあげるという演出もあります。
実は、この行為はフィーディングと言って、意味があります。
新郎から新婦へ食べさせてあげるのは、“一生食べさせてあげる”で、新婦から新郎へ、食べさせてあげるのは“一生美味しい料理を食べさせてあげる”ということです。
ウェディングケーキカットにまつわるイベントとして、各テーブルに小さなケーキを用意して、新郎新婦が各テーブルを周り、それぞれに切り分けるとか、実際のケーキカットの前に、ご両親に人生の先輩として、ケーキカットをお願いするなど、ここでの盛り上がりを期待する演出も見られます。
ケーキカットを大きなイベントとするのなら、司会者によって、ケーキ入場の掛け声をかけてもらったりと、ここだけでも時間を多く使うことができます。
ウェディングケーキカットの演出によって、結婚式場で可能なことと不可能なことがありますから、事前によく相談をしてみてください。